公認AT資格のご紹介

公認AT資格のご紹介

公認AT資格についての詳細はこちらのページから御覧ください。

HOME / 公認AT資格のご紹介

アスレティックトレーナー(JSPO-AT)とは

アスレティックトレーナーとは、日本スポーツ協会が育成するスポーツ指導者資格の一つです。

『アスレティックトレーナーとは、スポーツドクターおよびコーチなどと緊密に協力のもと、競技者の健康管理、障害予防、スポーツ外傷・障害の救急処置、アスレティックリハビリテーションおよびトレーニング、コンディショニングなどにあたる者をいう』

と定義づけされています。

アスレティックトレーナーの7つの役割

1)スポーツ外傷・傷害(障害)の予防
2)スポーツ現場における救急処置
3)アスレティックリハビリテーション
4)コンディショニング
5)測定と評価
6)健康管理と組織運営
7)教育的指導

公認アスレティックトレーナー(AT)協議会とは
(AT:アスレティックトレーナー)

全国的規模では平成13年(2001)にアスレティックトレーナー連絡会議が発足しました。
これは各都道府県所属のアスレティックトレーナを組織化(各都道府県AT協議会の結成)・連携することによって、情報提供・情報交換・情報共有し、競技の普及・発展および地域におけるスポーツ活動に貢献することを目的とした全国的なネ ットワークです。

『公認アスレティックトレーナー北海道協議会』は、平成18年より創立準備をすすめ平成20年3月23日に第一回総会を開催致しました。

公認AT北海道協議会 役員一覧

会長小向 啓介 (学術・渉外担当兼務)
副会長濱田 光  (経理担当兼務)
水谷 麻紀  (総務担当)
理事吉田 昌弘(総務・経理担当)
泉 俊輔(総務・学術担当)
高橋 幸  (広報担当)
監事本吉 善公
北海道
ブロックコーディネーター
田口 暢秀
事務局現在、事務局移管中

公認アスレティックトレーナー(AT)協議会
へのご入会について

正会員北海道在住の日本スポーツ協会公認AT取得者に限ります
準会員以下に該当する場合、入会可能とします。
① 養成講習会免除適応コース承認校の学生(卒業生含む)である場合
② 養成講習会を受講中である場合
お問い合わせ
お問い合わせ